OG/OBインタビュー
PORTFOLIOS

業界で活躍する先輩たちの作品
Works of seniors
active in the industry

板垣 伸

アニメーター

板垣 伸

1974年1月28日生まれ。愛知県名古屋市出身。テレコム・アニメーションフィルムを経て、現在はフリーのアニメーター、演出家として活躍中。代表監督作は『てーきゅう』『ベルセルク』『BLACK CAT』など。

『ベルセルク』第3巻〈初回限定版〉(22,500円+税)
発売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント

アニメ制作でCGは当たり前のものに
ベルセルクは自分にも
成長の機会をくれた作品。

『ベルセルク』はキャラクターが成長していく物語なのですが、最近のアニメはそのような成長物語が少なくなりつつあります。そんな中でも本作は、成長する段階で誰しもが抱いたことがあるだろう普遍的なテーマを扱っているため、観る人が共感できるキャラがいるだろうし、共感できるキャラが成長していく姿にファンも惹かれるのではないかと思います。

CGを多く用いていますが、CGがキャラの感情と結びつかなくて、なかなか自分の納得のいくものを作ることができず、それをきっかけにCGの勉強を始めました。これから台頭してくる若い人たちは、CGのような新しい技術を当たり前のように使いこなすはずなので、自分自身も常に向上心を持って新しいことを学んでいく姿勢でアニメを作っています。この作品は、CGを学ぶきっかけとなり、キャラクターだけでなく、自分自身をも成長させてくれました。

『ベルセルク』第3巻〈初回限定版〉(22,500円+税)
発売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント